こんな方におすすめです。経営者、人事部研修担当者、営業マネージャーの方

最強営業マネージャー養成プログラム「アレキサンダー」とは

ビジネスゲームを通じ企業経営を学べる!?

本プログラムは、経営の考え方・新しい視点・経営計画・財務損益・経営分析等をすることを目的とした経営シミュレーションプログラムです。昭和51年に開発され今日までおよそ企業では1万社、500万人、学校では500校が受講しているビジネスゲームをルーツにもっております。また、その対象者は、経営トップから新入社員まで幅広く及んでいて受講者によって得られる効果がさまざまあります。

研修の概要

簿記の勉強がバカらしい!? ~最強営業マネージャー養成プログラム「アレキサンダー」の内容~

まず、参加者一人一人が資本金300万円で自分の会社を設立し、ゲーム版を使って自らが商品を仕入れ販売をして宣伝広告、設備投資、研究開発等を行い経営します。会社経営を体験してもらいます。会社経営とは、材料を仕入れ、製造し、製品にする。それを販売してお金を稼ぐ。この繰り返しです。最終的にどれだけ利益をあげるかが勝負となります。

これらのプロセスを体験しながら、仕分作業も行います。決算をむかえたら、
仕訳帳を元にPL(損益計算書)、BS(貸借対照表)作成までを、全て自分でおこなうのです。
「稼ぐだけではダメなんだ。お金の残る経営をしなくてはいけない。」
そんなことを体で感じる研修は、本プログラムをおいて他にありません。

研修の流れ

研修の様子 研修の様子 研修の様子
step.1 会社設立   step.2ゲームスタート   step.3各企業間競争
製品の販売競争開始
  step.4ゲーム終了   step.5繰り返し
参加者は自分が経営する会社名を考え、社長に就任。 次のステップへ 各社とも同額の資本金で経営スタート。従業員の採用・設備投資・商品仕入等を、ひいたカードの指示にしたがって意思決定。 次のステップへ 市場動向やライバルの動きを見ながら経営展開。 次のステップへ 商品棚卸・入出金表、損益計算・賃借対照表を作成。特別に開発した決算フローシートによって初めての人でも簡単に計算できるシステム。
次のステップへ 前期の反省を活かしながら戦略を練り続ける。

★何故、同じ事をやっていて差が出るんだろう? ★自分だけが気付いていない、勝つ為のビジネスルールがあるのでは?そんな疑問を、
楽しくゲームを通して具体的に気づき、実践に結びつけてもらうセミナーです。

研修で学ぶ3つのポイント

Point1

粗利意識(儲からなくては意味がない)

仕入のタイミングやコスト、在庫の管理を踏まえて販売を考えることで、徹底的な粗利意識を植え付ける研修である。材料仕入れ以外でも採用、人事配置等、すべての物事にコストが発生していることをリアルに体感することで、経営者目線へと近づけることができる。

Point2

マーケット着眼(競合他社、マーケットを意識した戦略)

ビジネスには必ず競合他社が存在して、ライバル企業よりも顧客に選ばれる経営をしなければ勝ち残れないということが痛感できる研修である。また、どのタイミングでどのマーケットから材料を仕入れるのか、どのマーケットに販売するのか、ということも体感しながら学べるようにしています。

Point3

人材育成重視の考え(人材育成で他社を圧倒する)

人材育成、人材教育を強調したルールを使っており、企業にとって「人材を教育し、育成に取り組むことが大切であること」を理解し、社員の成長が企業業績に如何に大きな影響を与えるのかを徹底的に理解させる。

受講生の声・気づき(アンケートより)

「あらためて営業マネージャーとしての業務は「意志決定」の連続であると体感できた。」
(39歳 営業マネージャー)

「育てた社員に会社を退職されることが、こんなに会社経営にとって痛手であることを痛感した。」
(25歳 営業社員)

「競合他社の動きや攻め方に合わせて、戦略を変え、差別化を図らないとなかなか勝つことができないですね。」
(33歳 営業課長)

「日頃、コンペで安値で販売したり、お客様からの要望に安易に値引きしてしまっていることが、どれだけ自分達の
会社の業績を悪化させるのかを痛感しました。今後は無駄な値引きはしないと心から誓いました。」
(29歳 営業主任)

「マネジメント、ビジョン、システム、広告、リサーチなど経営の戦略をどう組み合わせるか、どう戦うか、
早く出世して経営に参加してみたいという意識が芽生えました。」
(29歳 営業主任)

「メーカーの営業として、とにかく売ればいいという姿勢を直します。
売れない理由は、実は自社にあることも多いということに気づきました。」
(30歳 営業課長)

最強営業マネージャー養成プログラム「アレキサンダー研修」を実際に受講してみて…。

経営視点でゲームに取り組むことが出来た。

  • 経営視点で物事を見ることが出来た。意志決定のタイミングの重要性や付加価値とは何か知ることが出来た。
  • 経営の視点をゲームを通して身につけられる点が為になった。
  • ゲームの設定が経営で、人の採用から仕入れまで幅広く考えて参加できたため、普段ではなかなか見えてこない部分も考えられた。
  • 経営的な視点を持って戦略を立て、アクションに落とし込むことが大切であることを学びました。

長期目標・戦略の立て方を学ぶことが出来た。

  • 目標や戦略の立て方(逆算、来期よりも先を見越した視点)を学ぶことが出来た。
  • 決算書の作り方、戦略の立て方が勉強になった。
  • 長期にわたる戦略の重要性を知ることが出来た。

今まで無意識に行っていることを身をもって知ることが出来た。

  • 無意識に思っていたことがリアルに有意識化出来た。様々な気付きがあった。
  • Knowing=Doing! 身を持って知れる研修だった。
  • ゲームを通してマネジメントを学べた。
研修全体に対する評価

自身の業務課題解決への有用性について

戦略の大切さに気付くことができた。

  • 目標を達成するためには、計画性がないと絶対に難しいということに気付くことが出来た。
  • 戦略と戦術の違い、利益を上げるために単価を下げるのではなく戦略が必要であるということに気付いた。
  • 今までは販売する事ばかりに関心が高かったが、初めて理解出来た。

自社の利益について考えた、今後利益を出すためのプランにつなげたい。

  • 支店に帰って、チームのみんなで売上、利益目標の達成のためのアクションプランを立てたいと思います。
  • 一社員としてどのように会社に貢献できるか、または利益を出せるのかを具体的に考えられた。

利益を意識することの重要性に気付いた。

  • セールスとしての立場や自分の売上がどれだけ(経常)利益につながるかを
    考えるきっかけになった。
  • 利益構造の理解、戦略の大切さ、意思決定の重要さなど、セールスでとても
    大切な事がたくさん学べました。
  • 生産性をあげる事の重要性を改めて知った。

固定費の重要性を認識出来た。

  • 普段の業務から遠いことは意識が薄くなりがちな事に気付いた(ex固定費)
  • 固定費を意識する重要性に気づきました。
課題解決への有用性

カリキュラム例

【5期経営+振り返り】

1日目 9:00~19:00
9:00 【イントロ】 オリエンテーション
9:30 【第1期】 ゲームスタート(第1期)
10:00
10:30
11:00
11:30
12:00 【昼休み】12:00~13:00
12:30
13:00 【第1期】 決算(第1期)
13:30
14:00 【第2期】 ゲーム再開(第2期)
14:30
15:00 決算(第2期)
15:30
16:00 【経営計画】
16:30
17:00 【第3期】 ゲーム再開(第3期)
17:30
18:00 決算(第3期)
18:30
19:00 【1日目終了】
2日目 9:00~17:30
9:00 【イントロ】 1日目の振り返り、質疑応答
9:30 【経営計画】
10:00 【第4期】 ゲーム再開(第4期)
10:30
11:00 決算(第4期)
11:30
12:00 【昼休み】12:00~13:00
12:30
13:00 【経営計画】
13:30 【第5期】 ゲーム再開(第5期)
14:00
14:30 決算(第5期)
15:00
15:30 【まとめ】
16:00
16:30
17:00 【総括・終了】 質疑応答・アンケート記入
17:30 【2日目終了】

《備考》
上記スケジュールは、あくまで標準版であり、お客様の営業携帯や受講生の理解度などにより各カリキュラムの時間の掛け方が異なります。
それゆえ、このスケジュールに記載があっても一部スケジュールを割愛させていただくことがございます。事前にあらかじめご理解のほどお願いします。

【4期経営+振り返り】

1日目 9:00~17:30
9:00 【イントロ】 オリエンテーション
9:30 【第1期】 ゲームスタート(第1期)
10:00
10:30
11:00
11:30
12:00 【昼休み】12:00~13:00
12:30
13:00 【第1期】 決算(第1期)
13:30
14:00 【第2期】 ゲーム再開(第2期)
14:30
15:00 決算(第2期)
15:30
16:00 【経営計画】
16:30
17:00 1日目振り返り
17:30 【1日目終了】
2日目 9:00~17:30
9:00 【イントロ】 1日目の振り返り、質疑応答
9:30 【経営計画】
10:00 【第3期】 ゲーム再開(第3期)
10:30
11:00 決算(第3期)
11:30
12:00 【昼休み】12:00~13:00
12:30
13:00 【経営計画】
13:30 【第4期】 ゲーム再開(第4期)
14:00
14:30 決算(第4期)
15:00
15:30 【まとめ】
16:00
16:30
17:00 【総括・終了】 質疑応答・アンケート記入
17:30 【2日目終了】

《備考》
上記スケジュールは、あくまで標準版であり、お客様の営業携帯や受講生の理解度などにより各カリキュラムの時間の掛け方が異なります。
それゆえ、このスケジュールに記載があっても一部スケジュールを割愛させていただくことがございます。事前にあらかじめご理解のほどお願いします。

ソフトブレーン・サービス株式会社

〒104-0028東京都中央区八重洲2-3-1住友信託銀行八重洲ビル9階
TEL:03-6880-2610 FAX:03-6880-2611 Mail : request@esm-ms.jp URL : http://www.sb-service.co.jp

サービス提供会社
会社名 ソフトブレーン・サービス株式会社
代表取締役社長 野部 剛
設立年月日 平成16(2004)年8月26日
所在地 〒104-0028 東京都中央区八重洲2-3-1 住友信託銀行八重洲ビル9階
TEL 03-6880-2610(代表)
FAX 03-6880-2611
URL http://www.sb-service.co.jp
事業内容 ・営業支援ソフト「eセールスマネージャーMS」の販売・導入支援事業
・WEBマーケティングコンサルティング事業
・営業マン育成コンサルティング(営業研修)事業
・営業アウトソーシング,マネージメント代行事業
・メディア運営事業
関連会社 ― ソフトブレーングループ ―
ソフトブレーン株式会社
ソフトブレーン・フィールド株式会社
ソフトブレーン・インテグレーション株式会社
ソフトブレーン・オフショア株式会社
株式会社ダイヤモンド・ビジネス企画